同じ穴の貉 | たゆすと

ゲーム、アニメ、本、ガジェット、ネットなどに関する話題から適当に文章を紡ぐブログ

iPadがMacBookに変身!? 「Smart Keyboard Case(iPad用 Bluetoothキーボード付きカバー)」購入レポート&二週間使用レビュー

f:id:tayusuto41:20200628214736p:plain

 

 

6月9日、Amazonから家にこんな物が届いた。

f:id:tayusuto41:20200628195142j:plain

それは、6月の上旬に注文した・・・

 

「Smart Keyboard Case」

 

 

「Smart Keyboard Case」とは、iPad用のBluetoothキーボード付きカバー。

もっと突き詰めていえば、純正Smart Keyboardのパチモン(非純正)である。

 

購入理由は、4月にiPad無印を購入して数ヶ月裸で使用していたが、いい加減カバーを購入しようかなと決意したから。

加えて、ベッドに寝っ転がりながらブログ記事を書いたりしたかったので、無線キーボードの付いたカバーをAmazonで探すこととなり、この商品に辿り着いたのだ。

 

iPad購入時のレポート記事】

www.onajiananomujina.com

 

価格は4980円(税込)。

純正は2万円くらいするから高いんだよ!非純正を買うしかなかったんだよ…!!

 

 

 

 

 

 

開封の儀

任天堂元社長の 故・岩田聡さんをリスペクトしつつ、

いざ、開封の儀。 

f:id:tayusuto41:20200628195355j:plain

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

f:id:tayusuto41:20200628200244p:plain

同梱物は、Bluetoothキーボード付きカバー本体と充電用ケーブルと説明書。

カバーの裏表はこんな感じで、僕が購入したブラックはスタイリッシュでカッコイイ。

カメラは隠れずにきちんと使える。

 

f:id:tayusuto41:20200628202720j:plain

カバーを開くとこんな感じだ。

上部分にiPadをくっ付けて、下部分がBluetoothキーボード&タッチパッドになっている。

 

 

f:id:tayusuto41:20200628203824j:plain

iPadをくっ付けてみた!!

傍から見るとMacBook、ノートPCと相違ない見栄えだ!

f:id:tayusuto41:20200628205501j:plain
カバーにはこのように、端のひらひら(語彙力)にマグネットが付いており、折ってiPadを立てることが可能だ。
 
f:id:tayusuto41:20200628210949p:plain

右側面にはUSB-C端子が搭載。

付属の充電用ケーブルがUSB-A to Cなので、画像右のように挿して充電ができる。

充電器を挿すとライトが赤く点灯。横には電源ボタンなどがあり、使用する際にはここら辺のボタンを色々いじくる。

 

 

 

 

 

二週間使用レビュー

購入し、使い始めて二週間が経った。

ここからは、二週間使用して感じた良い点・悪い点をレビューして行く。

なお、各観点に良い点と悪い点が混在しているため、観点ごとのレビューとなる。

 

 

”キーボード”としての使い心地

 

まず、”キーボード”としての使い心地だが、最初にこれを見てもらいたい。

キーボードでタイピングテストをしてみた。

キーボードを使っている風景やの音の大きさなどは伝わっただろうか?

 

キーボードはパンタグラフで、押し心地や音の大きさなど、基本的にはノートPCとほぼ変わらない。

僕はノートPCをあまり使わないが、押し心地は結構良いと感じた。

音はそれなりに大きいが、僕はカチカチ鳴ってもらうのが好きなので特に不快に思わない。

またBluetooth接続ながら遅延もそこまで感じられず、”普通に文章を打つ分には”十分に使用できる範囲だと言える。

 

”普通に文章を打つ分には”・・・?

そう、一つ注意しなければならない点がある。

それは、デスクトップPC用キーボードと記号キーなどの一部配置が違うという点だ!

たとえば”鍵カッコ(「)”を打ちたい時、”Shift”キーを押しながら”8”キーを押し、”変換”キーで鍵カッコに変換するだろう?

しかしこのキーボードでは( ⇒ 「 に変換ができず、「 を使いたいなら”P"キーの右隣りにあるキーをそのまま押す必要がある。

ついつい左手小指が”Shift”を押してしまいそうだが、”Shift”を押しながら触れると『 になってしまう。

このようにデスクトップPC用キーボードの配置と異なる点があるので、いちいち確認したり慣れたりしなければならない。

これはキーを多く置けないから、コンパクトに纏めるべく仕方なくキー配置を変えたんだろうなぁ…

 

あと、変換はiOSが勝手に自動変換してくれるのだが、この機能が非常に邪魔。

たとえば「どうして」と打ちたい場合、ど ⇒ どう ⇒ 動詞 ⇒ どうして となる。

高速で打っていると一瞬画面に変な漢字が出てしまうため、これが非常に厄介に僕は感じた。

また、文節ごとに変換をする人は、単語ごとに変換が勝手にされてしまうので、これまた厄介だろう。途中に誤変換なんかがあった暁には、イラっと来ることに違いない。

逆に単語ごとに変換をする人は、変換を自動でしてくれるから楽だと思うかも知れない。

ただ、これはキーボードのせいではなく、iOSのせいだ。

iOSBluetoothキーボードを使用する際の注意と言えよう。このiOSの自動変換機能も、使っているうちに慣れてしまうものだったりする。

 

 

タッチパッド

タッチパッドも基本的にはノートPCとあまり変わらない。

画面上に丸いマウスポインタ―が出るので、それをノートPCと同じ要領でタッチパッドで操作できる。 

二本指でスライドすればスクロールできて、指をつまむように動かせば拡大・縮小ができて、三本指で下にスライドすればホーム画面へ、逆に上にスライドすれば前に起動していたアプリへ。

 

既にノートPCなどでタッチパッドを使い慣れてる人は、違和感なくそのまま使えるだろう。

タッチパッドをボタンのように押すことも可能で、本当にどこにでもあるような普遍的なタッチパッドだ。

でもこれがiPadで使えるというのはポイントが高い。

タッチパッドを外部で周辺機器として買うと、このガジェットと同じくらいの値段(5000円くらい)するので、お得感もある。

 

 

”カバー”としての使い心地

カバーとしての使い心地は、正直悪い。 

 

まず、重さが397gもある。 

僕の使っている第七世代iPad無印の重さは483g。 

つまりカバーをiPadに装着すれば、iPad二台分の重さになるのだ! 

これは重い、重すぎる…!!

 

たとえば縦向きに持ってKindleで本を読むにしても、両手で持っていたって疲弊がすごい。

それに邪魔なキーボード部分を裏側にやって持てば、キーボードに指が触れてしまい画面上に文字が打たれてしまう。

設計からして完全に「縦持ち」を全く考えられていない!

ノートPCのように机に置いて文章をカタカタ打ったり、床に立てて映画を観たりすることしか念頭に置かれていない!!こりゃー参った!!!

Kindleで本を読みたければカバーを外し、裸で読めと。しかしカバーの着脱はなかなかに難しく、裸で使うのは避けたいところなんだが...

 

Amazonの商品ページに書いてある、「超軽量・超薄い」の文言は嘘だ。

ただの売り文句でしかない。さすが中国の非純正かな?

 

 

 

 

 

 

総括

今回は、iPadBluetoothキーボード付きカバー「Smart Keyboard Case」の紹介&レビューを行った。

 

購入して二週間使った感想としては、結構満足している。

キーボードとしてはそこそこの値段だが、Bluetooth接続でiPadに文章が早く打ち込めることができ、またアニメを観るときにはスタンドにもなってくれる。

そしてiPadを落とした時には、その鋼鉄の体を守ってくれる。

 

やはりデジタルに文字入力したりなどアウトプットするには、「キーボード」というデイバスが最高なのだ!

キーボード以上のアウトプットに優れたデイバスはこの世に存在しない(2020年現在では)

 

iPad用のBluetoothキーボードや、スタンド付きカバーを探している人には、

是非この商品をオススメしたい。

 

 

 

f:id:tayusuto41:20200529191129j:plain

☟ブログバナー クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ