スポンサーリンク

【Switch・PS4・DS etc…】コンシューマーの名作パズルゲーム おすすめソフト10選!

パズルゲームの名作おすすめ10選

 

ちょっと時間が空いたなぁ…という時にイイ感じの暇潰しになり、他にやるべき事があっても時間を泥棒してしまう「パズルゲーム」

 

無料で手軽に楽しめるものや、濃厚でやり込みができるもの。爽快感があってやりがいがあるものから、一部のファンに愛される人気でないマニアックなものまで。

あらゆる「パズルゲーム」をプレイしてきた僕が、コンシューマー(SwitchやPS4などの家庭用ゲーム機)で発売されているパズルゲームのおすすめ10選を紹介したい。

厳選に厳選したこの10本を楽しんでくれ。

 

 

 

パズルゲームおすすめ

テトリスDS(任天堂)

テトリスDSのゲーム画面

「パズルゲーム」の括りでもっとも有名なゲームだと言っても過言ではない『テトリス』

様々な色や形をした4マスのブロック(テトリミノ)が自動的に落ちて来るので、プレイヤーは動かしたり回転させたりして、地面に到達するまでに落下地点と向きを決める。

そして、ブロックが横1列隙間なく揃ったら、その列のブロックが消せるので、これを繰り返していく。

いわゆる”落ち物パズルゲーム”というやつだ。

 

そんな『テトリス』は、最初は任天堂よりゲームボーイ用ソフトとして発売され大ヒットしたが、その後あらゆるメーカーからあらゆるソフトが発売されている。

その中でも一番オススメしたいのは、任天堂が2006年にDSで発売した『テトリスDS』

マリオやゼルダなど、任天堂のファミコンゲームのテイストでテトリスを遊ぶことができる。

具体的に書くと、上画面でゲームのプレイ映像が延々と流れていたり、テトリス用にアレンジされたBGMを聴きながらテトリスできたり...

『テトリスDS』は、全テトリスシリーズの決定版といえる出来だ。 生涯一度は遊んでおきたいパズルゲーム。

 

ぷよぷよテトリス(セガ)

ぷよぷよテトリスのゲーム画面

『ぷよぷよ』とは、2個くっ付いた「ぷよ」と呼ばれるブロックが1種類ずつ落ちて来るので、同じ色の「ぷよ」を4つ揃えて消すゲームだ。「ぷよ」の色は通常4色ある。

 

普通に消すならそこまで難しくないが、”連鎖”などのテクニックが勝敗を大きく分けるため、「パズルゲーム」の中ではかなり難しい部類だろう。プレイヤー間のレベル差も大きい。

だが、『ぷよぷよ』で何十も連鎖できたらカッコよくないか? 練習すればきっと上達するはず...

 

今から『ぷよぷよ』をプレイしたいなら、初心者にも優しい「練習モード」が存在し、おまけに『テトリス』まで遊べて対戦できてしまう『ぷよぷよテトリス』がおすすめだ。

PS3、PS4、PSVita、Xbox360、XboxOne、3DS、Switch...と、ちょっと前の機種から最新の現行機種まで、あらゆるゲーム機でプレイできるぞ!

 

マジカルドロップ(データーイースト)

アケアカNEOGEO マジカルドロップ2

『マジカルドロップ』は、データイーストという会社が開発したパズルゲームであり、おもに1990年代後半にアーケードでヒット。

シリーズは移植や完全版を抜くと5作発売されている。

 

基本ルールとしては、「ドロップ」がフィールドの上方から、定期間隔で下方に迫り出してくる。

のでプレイヤーは、フィールド下のピエロを操作し、「ドロップ」を吸って持ったり吐いたりして、同じ色を縦に3つ以上揃えて「ドロップ」を消していく。

同じ色が縦に3つ以上揃ったとき、横にも同じ色が揃っていたらその「ドロップ」も消せる。

 

文章で表すと難しく思えるかもしれないが、誰でも容易に「ドロップ」を消せるし、”連鎖”も起こしやすい。簡単に爽快感を得ることが可能だ。

しかし、ピエロの動きなどの効率を極めると、奥が深いパズルゲームに変身する。

マイナーなゲームだが、個人的にはかなりおすすめしたい。

 

ちなみに「Nintendo Switch Online」に加入すると、スーパーファミコン版『マジカルドロップ2』をプレイできる

また「ニンテンドーeショップ」や「PlayStationStore」でも”アケアカNEOGEO”としてDL版が配信されている。

今からプレイするなら、この辺りが手に取りやすいだろう。

 

ディズニー ツムツム フェスティバル(バンダイナムコ)

ディズニーツムツムフェスティバルのゲーム画面

画面いっぱいに「ツム」と呼ばれるキャラクターの顔が積まれていく『ツムツム』

画面を指でなぞり、「ツム」を3つ以上繋げてひたすら消していく。60秒の制限時間内で。

たったそれだけのゲームであり、本稿で紹介するゲームの中では一番簡単である。

 

ツムツムの前に”ディズニー”の名が冠しているように、「ツム」となるキャラクターはみなディズニーのキャラクターだ。

ミッキー&フレンズやクマのプーさん、トイ・ストーリーにアナと雪の女王など、可愛い「ツム」は総勢100種類以上。

 

また本作には「パーティーモード」が収録されており、リズムゲームやホッケーなどで家族やオンライン上の友達とわいわい遊ぶこともできる。

難しいのは嫌いだというあっさりしたパズルゲームを求めている人や、ディズニー好きにはもちろん遊んでもらいたい。

だが、家族や友達とのコミュニケーションにも向いている。

 

 

パネルでポン(任天堂)

パネルでポンのゲーム画面

『パネルでポン』はその名の通り、4種類存在するパネルを入れ替えて、縦or横に同じ種類を3つ揃えてポンする(消す)パズルゲームだ。

下方から迫りくるパネルの山を削り、ハイスコアを稼いでいくのだ...

そして女児向けアニメを彷彿とさせる、メルヘンでファンシーな世界観も必見。

任天堂のパズルゲームの傑作を堪能していただきたい。

 

なお、ゲームキューブで発売された『NINTENDO パズルコレクション』を購入すれば、『Dr.マリオ』と『ヨッシーのクッキー』の任天堂産パズルゲーム2作も遊べるぞ。

 

もじぴったん アンコール(バンダイナムコ)

楽天ブックス: ことばのパズル もじぴったんアンコール - PS4 - 4582528443737 : ゲーム

『もじぴったん』とは、ひらがなが書かれたパネルをマスに埋めていき、”ことば”を作るだけのシンプルなゲーム。

しかしこのゲームは、語彙力(どれだけ多くの言葉を知っているか)が強く試される。

 

語彙力に自信がある人は心底楽しいだろうし、語彙力に自信がない人も知らない”ことば”を覚えていくことで賢くなれる。

パズルゲームでありながら、知育ゲームでもあるのだ。

日本語を使う人みんなに、SwitchとPS4で発売されている最新作『もじぴったん アンコール』をおすすめしたい。

 

パズルボブル(タイトー)

パズルボブルのゲーム画面

タイトーよりリリースされた『パズルボブル』は、ねらいを定めて「バブル」を発射し、3つ以上同じ色をつなげて、消して、連鎖して!...そんなゲームである。

ルールは先ほど紹介した『マジカルドロップ』にも近いが、基本的に”お題”を次々とクリアしていくのが『パズルボブル』の特徴だ。終盤は運要素もアリな激ムズ難易度。

もちろん対戦や1人のフリープレイも用意されている。

 

また、「バブル」は弾けやすいので、たまに思惑通りに「バブル」が操れなくてイラッとするのも、このゲームならではの趣。

シンプルだけどやり込みがいがある。そんなパズルゲームを探している人にはおすすめ。

 

リンク絵(コンセプティス)

リンク絵のゲーム画面

盤面に散らばっている数字と数字をつないでペアをつくり、指定の色で塗りつぶして「絵画」を完成させるパズルゲーム。

唯一無二のルール性でありながら、数学や語学の知識は不要で、意外とサクサク解ける。だから中毒性が異常に高い

 

問題は合計240問。

終盤の100×65の問題になると、1問を解くのに1時間ほど掛かったりするので、数十時間は遊べる量だ。

遊び尽くしたとしても、追加コンテンツを買えば問題を増やすことが可能である。

 

「ニンテンドーeショップ」と「PlayStationStore」にて、800円でDL専売されているので是非。

プレイステーション ストアチケット 1,100円|オンラインコード版

プレイステーション ストアチケット 1,100円|オンラインコード版

  • ソニー・インタラクティブエンタテインメント
Amazon

 

 

ピクロスS(ジュピター)

ピクロスS6のゲーム画面

『ピクロス』とは、画面の上と左にある数字を手がかりにフィールド上のマスを塗っていき、ドット絵を完成させるゲームだ。

たとえば左に「5」と書いてあったら、その横列のどこかを5マス連続で塗りつぶす。

もし上に「1 1」と書いてあったら、その縦列のどこかを1マス塗り、そこから1マス以上離してもう1マス塗る。

 

「数独」のように、頭のなかで並ぶ数字の関係性を見極めながら、論理付けてマスを塗りつぶしていくのだ。

自動的に落ちてくる問題に迫られたり、連鎖を考えたりする必要はないが、単純に頭を使うゲームであろう。

 

ミスタードリラー アンコール(バンダイナムコ)

あそびかた | ミスタードリラーアンコール 公式サイト

地面に埋まっている「ブロック」を「ドリル」で1つずつ掘り進みながら、地底にあるゴールを目指す。それが『ミスタードリラー』というゲームだッ!

 

この説明だけを聞けば単純に思えるかもしれないが、『ミスタードリラー』はそんな一筋縄で終わる単純なゲームではない。

同じ色のブロックはくっ付き、4つ以上がくっ付くと自然消滅。なかには壊しにくいブロックもあったりして...

また、支えのないブロックは落ちてきて、それに潰されるとダメージ。

そして「エアカプセル」をゲットしてエアを補充しなければ、酸欠でゲームオーバーになってしまう。

思いのほかやることが多く、思い通りにならなくて難しい。だがその面倒臭さが人を惹きつける。

 

2002年にGCで発売されたシリーズ作をSwitchに移植した最新作『ミスタードリラー アンコール』は、ゴーストを倒す「ホラーナイトハウス」など6つのモードが収録されており、シリーズ最大ボリュームとなっている。

テレビの大画面で遊べるし、外出時にも空き時間を埋められるし、これさえプレイしておけば君も”ミスタードリラー”!!

 

 

まとめ

パズルゲームは”シンプルで奥が深い”ので、操作方法とルールさえ把握してしまえばいくらでも遊べるようなソフトばかりだ。

コストパフォーマンスの観点で考えれば、パズルゲームは最高なのである。コスパ最高!

そんなパズルゲームに埋め尽くされるゲームライフを。

 

 

f:id:tayusuto41:20200529191129j:plain

PCの方は、125%に拡大して閲覧することを推奨します。