同じ穴の貉 | たゆすと

ここは愚者の楽園 —― 駄文製造所

【週間ゲーム売上ランキング】『マリオカートライブホームサーキット』初週売上7.3万本と期待以下[2020/10/12~18の日本&世界]

f:id:tayusuto41:20200312231034j:plain

前週のコンシューマーゲームのソフト&ハードの売上を、日本と海外の二つの視点から振り返りつつ、また今週発売するゲームの売上を予想するこのコーナー。

毎週金曜くらいに更新予定の、週刊ゲーム売上ランキングこと「週間ゲーム売上ランキング」

 

※ゲームソフトの画像はそのままAmazonリンクになっています

 

 

 

 

 

 

週間ゲームソフト売上

日本の売上ランキングTOP10

1位初登場) Switch マリオカート ライブ ホームサーキット
 73918本(累計73918本)/任天堂/2020年10月16日

2位(前回2位) Switch あつまれ どうぶつの森
 34547本(累計586万2668本)/任天堂/2020年3月20日

3位(前回3位) Switch リングフィット アドベンチャー
 27303本(累計169万6146本)/任天堂/2019年10月18日

4位(前回4位) Switch スーパーマリオ 3Dコレクション
 14797本(累計34万5045本)/任天堂/2020年9月18日

5位(前回5位) Switch マリオカート8 デラックス
 10928本(累計322万146本)/任天堂/2017年4月28日

6位(初登場) Switch moon PREMIUM EDITION(ムーン プレミアムエディション)
 10154本(累計10154本)/オニオンゲームス/2020年10月15日

7位(前回1位) PS4 FIFA 21
 7111本(累計46263本)/エレクトロニック・アーツ/2020年10月9日

8位(前回7位) Switch ポケットモンスター ソード・シールド
 6720本(累計376万6636本)/ポケモン/2019年11月15日

9位(前回8位) Switch Minecraft
 6471本(累計153万1498本)/日本マイクロソフト/2018年6月21日

10位(前回9位) Switch 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
 6301本(累計385万5901本)/任天堂/2018年12月7日

https://www.famitsu.com/news/202010/22208063.html(ソース:ファミ通)

 

『マリオカート ライブ ホームサーキット』が初登場1位!

マリオカート ライブ ホームサーキット マリオセット

自分の部屋がサーキットになる『マリオカート』シリーズ最新作は初週7.3万本。前回の記事で初週10万本は売れるんじゃないかと予想したが、消化率60%という数字を見るに、任天堂はもっと初週から売りたかったように思う。

売れにくかった要因はこの4つだと考える。

  • シリーズ本編最新作ではない
  • それなりに広くて片付いた部屋という環境が必要(日本人にはキツイ)
  • 税込みで1万円超えの高い定価
  • その反面「すぐに飽きてしまいそうだ」という印象がある

また生活感に溢れた部屋がカートのカメラに映るため、ゲーム実況者等のYouTuberがあまり手に出しておらず、SNSの動画媒体における広告宣伝が上手く行われていない。「好きな実況者さんが遊んでて楽しそうだったから俺も買おう」が発生しにくいのだ。子供やライト層の顧客が多い任天堂としては、これも痛手になりうる。

僕個人の感想は「アイデアとしてはすごく面白いが、シリーズ本編作みたく末永く遊べるかはとても疑問」だ。いつまでこのランキングに残留を続けられるだろうか…?

 

『moon PREMIUM EDITION』が初週売上1万本!伝説は強い!

moon PREMIUM EDITION【同梱特典】開発極秘資料「moon note - Back Stage '97 -」 & ムーンボイスシアターCD「The Child of Happiness」 & シアターガイドカード「Imaginary Moonscape」 同梱 - Switch

様々な特典が付属するため定価は8000円と高めの価格設定、そして20年以上前のPS1のゲームの現行機移植にも関わらず、この初動からの快進っぷりはさすが「伝説のアンチRPG」と言うべきか。

限定版ではないが、しばらくこのランキングに居続けられるかは怪しい。

 

『黄泉ヲ裂ク華』初週5000本に落ち着く

黄泉ヲ裂ク華 - Switch 黄泉ヲ裂ク華 - PS4

 エクスペリエンスの最新作である本作は、Switch版が2731本で第19位、PS4版は2271本で第23位、二機種合算で約5000本という結果に逢着した。

前回の記事の予想を1000本下回り、エクスペリエンスの過去作と比べると初動も落ちてはいる。

 

『ハードコア・メカ ファイターエディション』初週売上2608本で第20位

ハードコア・メカ ファイターエディション - Switch

『moon』と同じく、先んじてDLソフトとして配信されている『ハードコア・メカ』のパッケージ化。

本当にこのゲームが欲しい人は、既にeショップでDL版を購入しているはずだからまずまずの結果と言えるだろう。

名前が似てるから実質『アーマードコア』最新作。

f:id:tayusuto41:20200820035611p:plain

違います(マジレス)

 

 

 

海外の売上ランキングTOP10

f:id:tayusuto41:20201024120556j:plain

https://doope.jp/2020/10109293.html(ソース:doope!)※UKチャートを参照

 

全体的に前週比がプラスの傾向にあるが、どうやらAmazonプライムデーのセールの影響で、ゲームの過去作が飛ぶように売れたらしい。

第7位の『Just Dance 2020』なんかは前週比2倍以上だ。第16位にランクインした『Fallout4』は前週比10倍のセールスだったようで、Amazonの及ぼす影響力は凄まじいと改めて痛感した。

 

そんな中、集計週の前週に発売された『FIFA21』が二週連続で首位を獲得!

ヨーロッパ圏の人気は非常に高い。やはりゲームは新作が売れるよな...

 

 

 

週間ハード売上

f:id:tayusuto41:20201024121601j:plain

https://www.vgchartz.com/#graph_menu  (ソース:VG Chartz)

 

Switchは相変わらず好調だが、来月に次世代機の発売が控えるPS4とXbox Oneは落ちて来ている。

生産が終了した3DSに至っては、アメリカ市場でも1000台を切った。あと市場に何台新品があるんだ…?

今年を持って3DSの集計は終わるだろう...

 

 

今週発売するゲームソフトの売上予想

ここからは今週発売する新作ゲームを振り返りつつ、その初動を予想していくぞ!

 

 

今週はとくに目ぼしいタイトルは発売されず...

『ケイデンス・オブ・ハイラル:クリプト・オブ・ネクロダンサー feat.ゼルダの伝説』が発売されるくらいだ。

ケイデンス・オブ・ハイラル: クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説 -Switch

『クリプト・オブ・ネクロダンサー』という探索とリズムアクションを合わせたインディーズゲームと、『ゼルダの伝説』を融合させたゲーム。

インディーズゲームの中でもトップクラスに人気なタイトルだが、既に存在するDLゲームのパッケージ化であり、DL版より少々お高い。

まだ持ってないけど気になってたという人やファンが買うくらいだろう。初週3000本と予想!

特に根拠はない。フィーリングってやつだ。

PCの方は、125%に拡大して閲覧することを推奨します。